2018年11月09日

入門 英文法問題精講が廃版になるかもしれません

 先日、はてなブックマークを賑わせた、Yahoo知恵袋の過去記事『住所という英単語 adressとaddress・・・』。 

 もう8年も前の内容なのですが、解説内容が優れていると思ったら、解答者が「旺文社『必修 英文法問題精講』著者の小池浩」先生だったのです。

 なお、今は『必修 英文法問題精講』から名前が変わって、『入門英文法問題精講 3訂版 』となっています。

 キャリコネニュースによると、小池先生は現在も、都内の中高一貫校で英語教師をされているそうですが、きっと充実した英語授業がなされているのでしょうね。

 また、最後には悲しいコメントが。

 「でももうこれもなくなっちゃうかも。売れないので廃版になるかもしれません」


 確かに私も文法シリーズは買いませんでした。でも、先日ちょうどTOEIC公式を解いてパート5が滅多滅多だったのですよね。
  
 パート5、対策してなかったわけでは無いのです。ちょこちょこ特急シリーズを解いていました。なのに惨敗。

 小池先生の本が廃盤になるのも悲し過ぎるので、近々本屋さんに寄れたら本を購入するかもしれません。

 私は大学受験生ではないけれど、親戚の子とか知り合いにお勧めできるかもしれませんしね。

 それにもうすぐクリスマスだし。また本の贈り物をする時期ですし。
   
 

 ちなみに、「入門」はセンター試験レベルとのことです。腕試しにやってみるのも良いかもしれませんね。

posted by あかり at 07:27 | 抱負