2018年06月11日

基礎英文問題精講を半分がんばった

 もう5月も、あっという間に過ぎてしまいました。連休も含め、私の5月は、ほとんど『基礎英文問題精講(3訂版)』に費やしました。

 具体的にテキストの使い方や、訳文に疑問があった時の対応を書き残そうと思います。

 写真ですと、一番左のテキストが『基礎英文問題精講(3訂版)』です。
  
  
kiso-mondaiseikou01.jpg

 なお、真ん中が『基礎英語長文問題精講』の古いテキスト、右側が『英語長文標準問題精講』の古いテキストです(カバーは面倒なので全部外すことにしています)。


     
<使用道具>
  

・コピーや雑紙の裏など(専用ノートは作らず) 

・シャーペン(書きなぐれるよう、手に馴染んだ物)

・青ペン(集中力を高めるのは赤より青!)
  


1:構文編(例題1〜40,重要類題1〜33,練習問題1〜40)

2:文脈編(例題41〜60,重要類題34〜40,練習問題41〜60)

3:応用問題編(例題61〜80,練習問題60〜80)

4:頻出重要テーマ演習編(例題1〜30)


 これが、5月中に集中的に取り組んだテキストの目次です。ただし、取り組んだのは、1と2の構文編と文脈編(160題)だけです。

 細かな日程を目安で書くと、構文・文脈編の例題60題を先に10日間程度で解きました。この時は訳すことを中心に精読し、あまり音読はしていません。

 精読・日本語訳を終えてから、この例題60題を2回ずつ音読。そして演習問題60題を一気に6日間で日本語訳し、また音読日も設けました。

 応用編までは行きませんでしたが、若干の休みも入れて、音読含めて繰り返すことを1カ月間、頑張りました。

 『基礎英文問題精講(3訂版)』の例題の様子です。私にとって難しかった例題59のページです(クリックすると少し大きく見えます)。
  
  
kiso-mondaiseikou02.jpg

 各例題は2ページに1問と、右下に重要類題が付きます(無い時も有ります)。

 例題の下に大体の「語句」として単語や熟語の意味が載っています。読んでいて分らない語があれば、シャーペン等でチェックします。

 テキストの目次ページにも載っていますが、「語句」の下(大体左ページ下部)に重要構文や項目がポイント解説されています。

 右ページには「研究」と称して問題文章のより細かな解説がなされています。

 
kiso-mondaiseikou03.jpg

 この例題59は私にとって難しく、1文は隠れた構造文も含め青ペンを使って、構文分解メモ紙を残しました。

 何度「音読」をしても、ここは頭の中が混乱してしまう所です。


 ある程度、英語学習(単語・簡単な文法の復習が終わった人)には、手に持つには手ごろなサイズでありながらも、問題数も多く内容の濃いテキストではありますが、極たまに「ちょっと引っかかる」訳文もあります。

 私にとって「引っかかった」訳文は例題26(岐阜大)の問題中盤です。

Even the most self-centered people are usually forgetful of this fault.

最も自己中心的である人々でさえ、ふつうこの欠点を忘れがちなのです。
  
 和訳を見て「でさえ」の所が、何となくしっくりこなかったので、辞書を引いてみました。

  【even】〔比較級を強めて〕なおさら

 手持ちの古い電子辞書に上記の事が載っていました。試しにアルクなどでも調べてください。たぶん載っています。

 【even】が【the most】に係っていると考えたら、「でさえ」よりは「なおさら」が向いていると考えられます。

 ですので、この英文の訳をもっとしっくり訳すなら・・・。

  『最も自己中心的である人々ならなおさらたいていこの欠点を忘れがちなのです。』

 ついでに文をしっくりさせるため、【usually】も「大抵(たいてい)」に変えてみました。


 文の前後が分らないと、よく意味がわからない・・・という方は、本屋さんで『基礎英文問題精講(3訂版)』の、60〜61ページを参照してください。

 他の良書でもあることですが、しっくりこないと思ったら、やはり辞書に頼るのが1番のようです。

 新旧限らず、全てのテキストの日本語訳は指標であって、全てが百点満点とは限らない気がしました。

 英会話と同様に言葉遣い次第で、同じ『Hello』の意味が曖昧に変化するのと同じ理屈です。


 後半では、まるでこのテキストに不備があると書いているようになってしまいましたが、間違い探しをすれば、どのテキストにも若干数は出てくると思います。

 再度書きますが、高校生用の学習参考書とはいえ(しかも基礎編で)、この良心的な価格と内容は素晴らしいものだと思います。

 長年、教師・学生が愛用してきた理由もわかった気もします。

 私自身の学習意欲はまだ続いており、6月にもまた時間を作って、3の応用問題と4の演習を解こうと思っています。

 ちなみに私は早起きして数問解き、通勤・昼休み・帰宅時の隙間時間に復習しています。

 語学学習などをスマホで行う人もいらっしゃるようですが、私はスマホ老眼になるのが嫌なので、もっぱらテキスト派で頑張る予定です。
  
 

posted by あかり at 17:22 | 苦手な英語