2017年04月03日

おもてなし英語とNHK3か月英会話「スポーツボランティア」

 以前、おもてなし英語の検定として、『英語応対能力検定』というのが、今年3月から始まりますよ〜という記事を書きました。

 まだ当時はオリンピックが来るから検定が出来た・・・くらいの感覚でした。判る事と言えば「聞く・話す」に重点を置いた、おもてなし英語検定という程度で、テキストすらも販売されていませんでした・・・。


 ですが現在は検定試験も始まり、下記のような専門以外に、「一般の方」にも通用するテキストが販売されています。

 下記リンクに飛んでいただければ判りますが、テキスト内容はとてもシンプルでして、英語のレベルもスゴく簡単なところから始まり、3段階くらいでフレーズの難しさも上がっていきます。

 音声は無料ダウンロードができます(少々難儀なのは、日本語解説音声も入っているので、そこは本があれば要らないかな?と思ったりします)。

 

 ≪少々専門的な分野別テキスト≫

 販売編

 宿泊編



 私が個人的に購入したのは、とにかくひとことまちかど英会話ですが、内容は交通編とかぶるところがあります。もちろん、交通編の方がより難易度も高く、多岐にわたったシチュエーションが用意されています。

 交通編はタクシーや電車などの公共交通機関にお勤めの方なら、手に取ってみるのをお勧めします。

 カフェやホテルなどのサービス業に就いている人なら、飲食編や宿泊編は役立つでしょうし、お土産屋さんを営んでいる人なら販売編となりますね。

 とにかく、難しくないところから始まりますから、安心してテキストを片手に無理なく、おもてなし英会話に取り組めると思います。


 それと、先輩から教えてもらったのですが、今日からNHKラジオ『短期集中!3か月英会話』という番組が始まり、4月から6月までのテーマが「めざせ!スポーツボランティア」と、ちょっと専門的な「おもてなし英語」がテーマなんだそうです。

 テキストの表紙も、東京オリンピック・パラリンピックのロゴが入っています。

 CEFRレベル(難易度)は「B1」とちょっと難しめ。私は今日の分は夜に確認するのですが、テキストを読む限り、日本語訳は直訳ではありませんし、若干、省きがちな和訳となっていました。詳しくは後ほど。

 

 まずは、放送日程を。今日4月3日(月)から始まりました。

 放送時間は、月・火・水の午前10:30〜10:45の15分。

 再放送は、月・火・水の午後6:15〜6:30/10:00〜10:15

 また3日分が、日曜日の午後10:55〜11:40にまとめて放送されます。


 スキットの内容、特に和訳が直訳でなく省かれた日本語だというのは、次のような例がいくつかあるからです。

 4月号12ページより。
 Mika:Really? Thanks, that would be great!
 ミカ:本当? ありがとう!

 14ページの例。
 Mika:I see. But what do you do exactly?
 ミカ:つまり・・・何するの? 

 12ページでは「ありがとう」の後が全くありませんし、14ページ例も学校で当たり前のように習った「I see.=なるほど。」は無く、かなり流ちょうな日本語の口語体になっていますよね。

 翻訳とはこういうものなのかもしれませんが、超訳までいかずとも、意訳かなと思いました。これが、「B1」レベルの難易度なのでしょうね。


 非難気味になってきたので、良い例も挙げておきます。

 17ページは『Vocabulary Expansion』というコーナーで、4月3日分は3つの単語がクローズアップされていました。

 その3番目の単語は、「audience [観客]」ですが、説明の最後に次のような文言が加えられています。


 なお、audienceは単数扱いが原則ですが、イギリス英語では、個々の成員を指す場合、複数受けになるのが一般的です。

 NHKのテキスト例文では、「He spoke to an audience・・・」と出ています。


 ジェームス・M・バーダマン氏の著書、『日本人がかならず間違える英語』168ページで、

 『an audienceは「聴衆全体」の意味ですから、その中の1人は a member of the audience。』

 というようにアメリカ流の説明をしていまして、バーダマン氏の本の例文では、

 『The audience was・・・』とbe動詞が「was」と単数扱いになっています。

 では、イギリス流にするとどうなるか?

 『The audience were・・・』とbe動詞が「were」になる場合がある、ということがNHKのテキストにこっそり書かれているのです。

 英語って、複雑な文化ですよね。 

 ただ、イギリス英語なども意識して、テキスト作りをしてくれているのは、私としては嬉しいです。


 その他にも、柔道や水泳など各スポーツについての解説コーナーや、明治神宮や富士山を取り上げた「日本名所ガイド」コーナーがあり、内容としてはかなり情報が詰まった1冊となっています。

 そういうわけで、NHKさん、とりあえず3か月、頑張らさせていただきます!

 追記 
 夜6時台の番組を聞いてみました。15分間ということで、とてもスピディーでテンポよく話しが進みました。

 これはちょっと、私(NHKの評価テストではA2レベルです)の場合は、予習しておいた方が良いようです。

 なお、問題文とスポーツ・名所ガイドコーナーは、番組では触れられませんので復習プラスαですね。

 >>おもてなし英語検定 https://www.otai-kentei.com/

 >>NHK3か月英会話 https://www2.nhk.or.jp/gogaku/english/3month/

posted by あかり at 17:30 | 苦手な英語