2019年03月31日

ラジオ英会話2019年度が始まります

 明日、4月1日午前6時45分から、ラジオ英会話2019年度版が始まりますね。もうテキストは入手されましたか?

 

 2019年度の学習予定表(毎月の内容)というのが、4月号の116ページに掲載されています。※内容は変更になることがあります。

 4月:前置詞@
 5月:前置詞A
 6月:動詞@
 7月:動詞A
 8月:動詞B
 9月:動詞C
 10月:形容詞・副詞
 11月:冠詞・カウンタビリティ
 12月:接続詞
 1月:定型表現@
 2月:定型表現A
 3月:定型表現B

 私としては感心したのは、4月号110ページの「英語教師が考える英語学習のエッセンス(丸山晃)」です。 

 丸山先生(ラ・サール中学校・高等学校の英語科教諭)が初登場というのに、歯ごたえのある例文(2018年度の一橋大学の入試問題)を紹介されています。

 改めて、文法・語彙も大事なこと、さらに日本語力=読書力は、やはり肝というか、読解には必要なスキルなんだと思わされました。

 さて、私は現在、2018年度のラジオ英会話(英文法中心の番組)をまとめたテキスト、英文法パーフェクト講義 上 を1日1ファイルの音声データ分を学習しています。最初は1.1倍速でリスニングでしたが、何度も聞いている現在は1.5倍速で聴いていますので、1時間もかかりません。

 さらに、4月12日あたりに英文法パーフェクト講義 下が発売されるようです(アマゾン情報ですが)。14日には5月分のテキストが販売されるので、私は14日に5月分のテキストと一緒に、英文法パーフェクト講義の下巻を購入する予定です。

 明日から始まるラジオ英会話の番組なんですが、私は昨年度分をほぼ聞き逃してしまいました。 

 パーフェクト講義(上・下)との差異が気になったので、3月分を日曜日にまとめて録音しながら聞いているのですが、パーフェクト講義は本当にシンプルにまとめられていて余談がないんですね。 

 例えば、クリスさんとろーざさんの英語によるニュアンス説明はカットされています。1年間、聞かなかったことで、かなり損をしたという気分です。

 なので今年はテキストも買いつつ、日曜日にまとめて放送されるとき、あるいはストリーミングを利用して、ちゃんと音声データを録音をしようと思っています。

 ツールとしては、3通りの選択肢があるかなと思っています。ソニーの各種レコーダー(機能)を使用します。
  
 1.ラジオレコーダー(ラジオをダイレクトに録音。ICレコーダーにもなります。ただしネット経由で「らじる・らじる」やストリーミングを録音するには市販のオーディオコードが必要です
  
 >>https://www.sony.jp/ic-recorder/products/ICZ-R110/  (文字リンクはソニーのサイトです)

  
 2.メモリーカードレコーダー(録音用に市販のオーディオコードが必要です)
  
 >>https://www.sony.jp/ic-recorder/products/ICD-LX31/     (文字リンクはソニーのサイトです)
  
 3.ウォークマン(ウォークマン専用の録音ケーブルが必要です) 
  
 >>https://www.sony.jp/walkman/products/NW-A50_series/     (文字リンクはソニーのサイトです)

 >>https://www.sony.jp/walkman/products/WMC-NWR1/     (ウォークマン専用録音ケーブル)


 「2」のメモリーレコーダーを譲ってもらったので、試しに、ボキャブライダー5回分(土曜日)とラジオ英会話5回分(日曜日)をSDカードに録音しました。(乾電池式で電池の消費が激しいのがネックです)。

 ボキャブライダー25分で約35MB、ラジオ英会話75分で約106MBくらいとなりました。なおレコーダーの説明書には、録音フォーマットはMP3でビットレートが192kbpsと記載されています。

 これらが1年、つまり番組は約52週間続きます(GWやお盆は休みがありますので、48〜50週分で足りるかなと思います)。ラジオ英会話だけでも、SDカード容量は106MB×52週間で約5.6GB以上が必要です。8GBで1年分と思えばいいですかね。

 どれだけの番組数を録音するか? 大半の英語の番組はストリーミングができるので、そちらを録音してみて、必要容量を用意した方が良いと思います。もちろん、予定の容量をオーバーするようなら、半年で1枚のカードを使うこともできますね。 

 倍速リスニングするためには「2」では不可能なので、「1」か「3」の選択肢になります。私は「3」のウォークマンも持っていますので、そちらに語学用データmicroSDカードを用意することもできます。

 一方でウォークマンは家族と共有する時があるのため、小さなmicroSDカードの交換が面倒になります。スマホのmicroSDカードに音声データを入れて、専用アプリを探して速度調整をする方が、仕事休憩や通勤時に便利かなとも思っています。

 細々と書きましたが、とりあえず、明日からのラジオ英会話、ガンバリマス!

 

 

posted by あかり at 18:21 | 抱負

2019年03月17日

ボキャブライダーpart2 発売されています

 NHKのラジオ番組にテキストの無い『ボキャブライダー』という番組があるのをご存知でしょうか?

 1日2回たったの5分という短い番組ですが、4単語とユニークな例文を紹介してくれます。
  
 昨年、一昨年版の番組を編集した本『ボキャブライダー』が出たので、ディクテーションをしました。

 ディクテーションをしたことなど、学習法に関しては下記の記事を見てください。
  


 そして、3月14日に『ボキャブライダー Part2 』が発売されました! 
  

 まだ、本屋さんで見ただけですが、けっこう欲しい!!

 去年バージョンは白本カバーで、今年バージョンは赤本カバーですね。

 アプリもあるのですが、評価としてはイマイチで数年分を溜め込む事は出来ないようなのです。  

 やっぱりテキストと音声ダウンロードの方が良いのかなとも思ったり。
   
 私としては、『ボキャブライダー(part1:白本)』をもう1度ディクテーションすることと、単語テストページを再確認してからでないと、消化不良を起こしそうなので、今はまだ購入していません。

 今年度は全くラジオを聞いていなかったので、4月からはボキャブライダーと、大西泰斗先生のラジオ英会話を、トライしようかなとも思っています。

 どうなることやら?

 なお、今年度放送分の単語リストは下記のNHKのリンクで、まだ紹介されいます。
  
  
 3月いっぱいは閲覧できると思いますよ。

 

 

 
posted by あかり at 07:16 | 苦手な英語

2019年02月26日

NHKラジオ英会話ー英文法パーフェクト講義(上)

 2018年度のNHKラジオ英会話、大ヒット放送中なのですが、このラジオ英会話の抜粋講義テキストが発売されました。
 
 2月に発売されたのは、『NHKラジオ英会話英文法パーフェクト講義 上―音声DL BOOK』。つまり下巻が存在し、4月に発売予定となっています。

 音声はダウンロードで入手できます(上巻だけで6ファイル。合計約480分=約8時間!)。

 もちろん著者は『一億人の英文法 』の大西泰斗先生とポール・マクベイ先生ですよ。

 音声はラジオ英会話の抜粋版だそうです。番組の抜粋版とはいえ、ぶつ切り感は全く無く、とてもシンプルに聞くことが出来ます。

 上巻では、・基本文型、・時表現、・助動詞、・修飾の語順ルール、・否定、・比較まで。

 4月発売予定の下巻は、・to不定詞、・動詞-ing形、・過去分詞、・受動態、・節、・倒置、・疑問文、・関係詞節による修飾、・仮定法、・itの使い方、・文法力と語順の成熟 を取り扱います。
 
 私は現在、上巻2ファイル分の音声を聞き終わりました。内容で言うと「基本文型」の章を終わらせたことになります。

 ではここまでで、本書(上巻)の構成や気づいたことなど、少し中身について触れていきます。
  

より詳しい話♪
posted by あかり at 12:00 | 苦手な英語

2018年12月20日

クリスマスプレゼント用の英語本〜2018〜

 以前、ブログで会社の内々のメンバーで、クリスマスに欲しい本をプレゼントするという企画を紹介しました。

 中には本が欲しい人だけでなく、自分で選びたいから、図書券やアマゾンギフト券といったものを所望されるメンバーもいますが。

 私は秋に発売された、公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4が欲しいのですが、3千円以上するものですので、1人からプレゼントされるにはちょっと高額。

 なので、ギフト券をもらう予定になっています。

 そして、とある人にプレゼントするのが、化粧品やサプリメントを販売している、あのDHCが販売している英語のテキスト。

 サプリメント会社が英語テキストを販売しているなんて、本屋さんで見かけた時は正直驚いたのですが、小中学生くらい、いえ高校生・大学生、はたまた留学を前提としているお子さん持ちの親御さんには、なかなか良書かも!と思えるシリーズがあります。


より詳しい話♪
posted by あかり at 21:36 | 苦手な英語