2017年10月31日

英単語速習術−この1000単語で英文が読める 晴山陽一著

 残念な事に、一昨年年末に計画した英語学習計画(先輩が作ってくれたスパルタなカリキュラム)が手つかずになっていました。時間の作り方が下手な私に、唐突な部署換えというアクシデントが生じたからです。事の発端は、とある事務方さんが産休・育休をとるという事で、その穴埋めにまわれと言う指示でした。

 2017年も既に終わりに近づきますが、英語メールや翻訳関連とはかけ離れた部署な上、ず〜っとVBA解読やらパワポ資料作りをしている状態が1年半以上も続いてしまいました。

 しかしながら、育休の事務方さんが来年度くらいにも戻って来れるかもしれないというので、またまた引継できるように細目に資料まとめ等もしなければなりません。

 一応、前の部署の先輩方とは連絡を取り合っているので、教材情報や検定情報などは入ってきました。昨年・今年の英語学習はNHKのラジオ英語番組を聴いたり、簡単な単語集をチラチラっと見たりの程度で、いつまで経っても予定がイレギュラーな私には忙しくてまとまった学習時間が取れない日々でした(つまり言い訳)。

  
 前置きが長くなりましたが、英語の基礎は文法と語彙力だというのは当たり前でしょう。そして、ある程度の文法が分かってくれば、語彙を増やして日本語を応用するのが英文解釈だと思います。

 今年も大掃除の時期(年末)は仕事で忙しいので、10月初旬に自宅の大掃除をしたのですが、本棚の隅から晴山陽一氏の英単語速習術―この1000単語で英文が読める (ちくま新書)が出てきました。
  
 私にとっては学生時代に取り組み、一部だけ頑張った痕跡が残っている著書でした(学生時代から学習を完投できない癖があったようです)。

 晴山氏のちくま新書の初版が1998年12月20日。今でも人気のあるDUO3.0の初版が2000年3月15日。出版時期は1年数カ月の違いしかありませんね。


 さて、これらの本が世に出てから17年以上も経ちますが、私自身は学生時代よりは語彙力があるとおごりがありました。 

 ですが2年近くも英語から離れ、仕事上も中途半端な位置にいるとどうなるのか?

 DUO3.0どころかDatabase3000の後半部分の単語が抜け落ちているではありませんか!

 正確には英単語を見ても「発音」は耳に残っているのだけれど、英日・日英の訳語が出てこない!! sensitiveは解るけど、sensibleは・・・?

 熟語なんてかなり記憶から飛んでいるような状態です(英文を読んで動詞と前置詞等の組み合わせは熟語だろうと勘が働く程度)。

  
 そういう訳で、晴山氏の著書の売り文句に誘われ、10章取り組むことで最低限の必須1000単語が見につくかどうか、朝早起きして取り組み始めました。 
  


より詳しい学習の様子
posted by あかり at 06:29 | 苦手な英語

2017年05月30日

come in handy〜はDuo3.0に載っていた

 短期集中!3カ月英会話の5月号、Epsode17(5月17日放送)の内容に、次のような表現がありました。

 Your English skills will come in handy becaus there will be visitors and participants from all over the world!

 世界中のお客さんや関係者が来るんだから、きっと君の英語力は重宝されるよ!

 3カ月英会話のテキストでは、come in handy〜は「役に立つ、重宝される」と載っていました。訳文では「重宝される」と言う方が使われていますね。

 でもこの熟語・フレーズ、どこかで見たような・・・。
より詳しい話♪
posted by あかり at 05:30 | 苦手な英語

2017年05月27日

高校生からはじめる「現代英語」

 高校生からはじめる「現代英語」というNHKのラジオ番組も、土日限定番組と言う事で聴いているのですが、なかなか充実した内容です。

 今年から始まった番組なのですが、ちょっと編成が変わったのか(違うかもしれませんが)、4月号よりも5月号の方が簡単に感じます。

 どんなところが充実しているかというと、次のような事です。

より詳しい話♪
posted by あかり at 17:01 | 苦手な英語

2017年04月27日

おもてなし英会話

 今年もラジオで英語の勉強をしています。先日は、短期集中! 3か月英会話を紹介しましたが、今回は、英会話タイムトライアル 2017年5月号 を紹介します。



>>より詳しい話♪
posted by あかり at 08:08 | 苦手な英語